ボランティアセンター 本文へジャンプ
福 祉 センター  地域包 括支援 センター  介護 保険 事業  障害者  関 係 放課後 児 童 教 室  いきいき サロン
あなたもボランティア活動に参加して見ませんか!


 ボランティア情報

○ ボランテセンターでは...        ○ 清水町のボランティアグループ紹介

○ 場所・利用時間は...

○ ボランティア保険について


○ ボランティアの心得



ボランティアセンターでは...

○ ボランティア活動をしたい方、ボランティアを必要とする方の相談

○ ボランティア活動情報の提供

○ ボランティア保険の事務

○ ボランティア(グループ)への支援

○ ボランティア講座の開催

○ 活動場所の調整・資機材の貸出し

▲ページTOPへ戻る

ボランティアセンターの場所・連絡先・利用時間は...

○ 清水町社会福祉協議会(清水町福祉センター)の事務所内です。

○ 電話055-981-1665
  FAX055-981-0025

○ 相談時間は、平日の午前8時30分~午後5時00分まで

▲ページTOPへ戻る

ボランティア活動保険について

○ ボランティア活動保険

・・・ボランティア活動保険は、ボランティア活動中に起こる様々な事故からボランティアの方々を補償する保険です。国内で活動するボランティア自身のケガに対する「傷害」と第三者の身体・財産に与えた「賠償」を補償します。ボランティア活動を行う時は、ボランティア活動保険に加入しましょう。

保険
加入手続き・保険料金・補償内容の詳細は・・・社協ボランティアセンターまで

(電話055-981-1665)

▲ページTOPへ戻る

ボランティアの心得

こんなことをちょっと気をつけるだけで、あなたの活動が実り多いものになります。
  1. 約束を守り責任のある行動しましょう。
  2. 相手の立場を考えて行動しましょう。
  3. 学習し自分を成長させましょう。
  4. 約束を守り責任ある行動しましょう。
  5. 活動を点検し、記録しましょう。
  6. 謙虚であること。
  7. 家族や職場の理解を得ましょう。
  8. 活動で知り得た秘密は守りましょう
  9. 安全対策を充分にしましょう。
  10. 謙虚であること。
  11. 約束を守り責任ある行動しましょう。

▲ページTOPへ戻る

清水町のボランティアグループの紹介

清水町ボランティア連絡会

清水町のボランティアグループ・NPO団体は、活動目的や活動内容に違いがありますが、それぞれの共通する目的に地域福祉・在宅福祉の充実があり、グループ同士がお互いの活動を認識し合い交流を深めながら、情報交換、意見交換を行なう場として清水町ボランティア連絡会を組織化しています。

(平成30年4月現在)
登録グループ 21グループ
登録延べ人数 313人
主な活動・日時 2ヶ月に1回グループ代表者の会議・年1回全体交流会の開催
活動場所 清水町福祉センター

社協に登録しているボランティアグループの一覧(平成30年4月1日現在)
グループ名 人数 活動内容
一尋座 老人ホーム、保育所、湧水祭り、ふれあい広場等において人形劇を公演し、参加者とふれあいを行う。台本・人形等は手づくり。
グループ“あすなろ” 14 月に1度、特養「柿田川ホーム」を訪問し、清掃、食事介助、話し相手を行う。
グループ“すみれ” 10 月に1度、特養「沼津市あしたかホーム」・「かわせみ」を訪問し、清掃、食事介助、話し相手を行う。
清水町手話サークル“あゆの会” 28 毎週火曜日19時30分より福祉センターで手話の学習を行い、耳と口が不自由な人と健聴者がコミュニケーションをはかっている。また、手話通訳等のボランティア活動を行う。
グループ“無二会” お便りボランティアとして、ひとり暮らしの高齢者、身体に障害のある児童等へお誕生カードやクリスマスカードを送る。
清水町赤十字奉仕団 31 家庭看護法・救急法の普及、災害時の募金活動、救援活動、献血運動の推進、社協デイサービス、伊豆赤十字病院の施設奉仕、その他赤十字事業の普及を行う。
録音グループ“かわせみ” 町内の視覚障がい者と目の不自由な高齢者に町の広報誌、社協だよりなどの情報をカセットテープに吹き込み、貸し出しを行う。
清水町民生委員児童委員協議会 66 いきいきサロン、ひとり暮らし老人の集い等での湯茶の接待を行う。
グループ“トンボの目” 町内幼児、児童等へ町の昔話を中心に大型紙芝居をつくり、上演を行う。

NPO法人ウォータービジョン

28 『地域のすばらしさを見直そう』を理念に、音楽会、教養講座、講演会を開設するとともに、国際支援を行う。
読み聞かせグループ“お話しクック” 14 図書館でのお話し会をはじめ、町内の幼稚園、保育所、児童館、放課後児童教室、家庭文庫を訪問し絵本の読み聞かせを行う。

給食ボランティア“さわやか”

11 月に1回、ひとり暮らしの集いにて給食サービスを実施、栄養価のある老人食を提供する。
清水町ライオンズクラブ 10 青少年健全育成事業、献血、献腎、献眼運動の推進、環境福祉、高齢者福祉、心身障害者福祉、交通安全等行う。
清水町女性連絡会 地域社会の連帯感を高め、社会事業に積極的に参画し、明るく健全な社会の形成に努めることを目的とした4つの専門部会を設け活動を行う。(文化・広報部、環境美化部、福祉保健部、消費生活研究会)

NPO法人シー・ディー・シー

- 広く一般市民に対して、障がい児・者(チャレンジド)の人権に関する事業等を行い、健常者・障がい者が共に健康的で安全な日常生活が送られることを目的に活動する。
災害ボランティアコーディネーター清水町連絡会 15 災害時にボランティア本部の立ち上げ、災害ボランティア本部を運営するための活動を行う。住民へ防災意識の啓発活動等を行なう。

劇団“蓮華草”

社会情勢をテーマにした演劇公演を行なう。高齢者と子ども達と楽しい歌と踊りで交流を深め、観客と一体となった演劇を目指しています。
スイートピーサークル フラダンスを通じて、老人ホームを訪問し、交流を行いながらフラダンスの素晴らしさ、出会いを行なう。
子育て応援サークルいちご 34 親子が心も体も元気になれる居場所っづくりを行う。
(親子体操・リトミック・自然体験・食育講座ほか)
子育て支援ネットワークスイートピー 10 子育て支援活動・子育てに関するイベントの開催。親子リトミック、幼稚園、保育園等へ慰問活動を行う。




▲ページTOPへ戻る




プライバシーポリシー



   
Copyright(C) 2013 Shimizu Town Council Of Social Welfare.All Rights Reserved
当サイト各ページの記事の改ざん及び無断転載を禁じます。

-Last Update 2013.08.05-